スキー場の滑降コースで滑降中に他のスキーヤーに衝突して傷害を負わせた事故

2020.05.21 スポーツ中の事故

東京地方裁判所平成2年9月27日判決

事実の概要

本件は、スキー場の滑降コースにおいて、被告が滑降中に転倒して滑り落ち、滑降中の原告に衝突して転倒させ、傷害を負わせたという事故について、原告が被告に対して不法行為に基づき損害賠償を請求した事案です。

被告は、スキー歴2年で、スキースクールに半日入会したことがあり、本件事故に至るまで通算して約20日のスキー経験があるものの、スキーの技術はいまだ初級に属するものでした。

本件コースは前森山の頂上から麓に降りる滑降コースであり、傾斜がかなり急で、その上部は幅が狭く中級以上の者のコースでした。

そして、被告は、本件事故の時、初めて本件コースを滑降しました。

事故当時の天候は、みぞれまじりの吹雪であり視界が悪く、かつ、積雪が約40センチメートル程あり、シュプールはすぐに消えてしまい、スキーで滑降しにくい状況であり、コースの両側には立ち止まっているスキーヤーも少なからずいました。

被告は、本件事故の直前、少し開き気味のボーゲンで本件コースを滑降していましたが、思いのほかスピードが出てしまいうまく制御できず、雪の斜面に突っ込み転倒するような恰好で停止しました。

その後、被告は、再度、ボーゲンで滑降を開始し、コースを左斜めに約30メートルほど滑降した時点でバランスを失して尻餅をつくような恰好で転倒し、前方に原告を認めましたが、自らを制御できないまま滑降中の原告に向かって約10メートル滑り落ちていきました。

他方、原告は、本件コースを他のスキーヤーに注意しながらスピードを押え気味に滑降していましたが、背後から滑り落ちてきた被告に衝突されて転倒しました。

その後、原告は、被告に押されるような形で両者とも約10メートル下方に滑り落ちて停止しました。

この衝突が原因で、原告は右膝内側側副靭帯損傷及び右膝反復性膝蓋骨亜脱臼の傷害を負いました。

裁判所の判断

被告の過失について

裁判所は、

「被告の技量はいまだ初級に属し、現に本件事故の直前においても速度をうまく調節できず、雪の斜面に突っ込んで停止するという未熟な方法を取っているのであるから、中級以上の者を対象とする本件コースを前記のような滑降が難しい状況下において滑るにあたっては、滑る方向やコースを良く選び他のスキーヤーの動静に注意し、速度をできるだけ制御し、場合によっては歩行し、自己が発生する危険がある場合は直ちに停止するなどしてその発生を未然に防止する義務があるのに、これを怠り、漫然と滑降を再開し、前示のように、バランスを失して転倒し、なんら制御することができないままで原告に衝突して負傷させたというのであるから、被告に過失があるというべきである。」

と判示しました。

被告の違法性阻却事由の有無について

また、裁判所は、

「スポーツやレクリエーション中の事故については、そのスポーツやレクリエーションのルールないしはマナーに照らし、社会的に許容される範囲内における行動により、他人に傷害を負わせた場合は、いわゆる正当行為ないし正当業務として違法性が阻却されると解すべきである」

としつつ、

「これを本件事故についてみれば、傾斜急で幅員も狭く前記の天候や積雪等の状況下において本件コースを滑降するにあたっては、他のスキーヤーとの衝突事故を回避するためには、慎重な滑走が要求され、場合によっては、スキー場の安全に配慮して歩行により下山することを考慮することもスキーのルールまたはマナーというべきところ、被告は、スキーの技術としては初級程度であり、しかも本件コースを初めて滑降するものであり、本件コースの状況も滑りにくい状況にあったにもかかわらず、漫然と滑降を続け、本件事故を起こしたものであって、そのルール及びマナー違反に照らし社会的に容認される範囲の行為ということはできず、違法性は阻却されないものというべきである。」

と判示しました。

その結果、裁判所は、

「本件事故に関し、被告に不法行為が成立するものと認めるのが相当である。」

と結論づけました。

ルールやマナーの重要性について

スキーの初級者の場合、尻餅をついた状態でそのまま滑り落ちることはよく見られることです。

そのこと自体は責めることはできないでしょう。

しかし、本件では初心者でありながら中級以上の者を対象にしたコースを滑降したというものですので、危険な行為であったということができます。

スポーツやレクリエーションでは守るべきルールやマナーがありますが、それは一緒にスポーツやレクリエーションを楽しむ他人の安全だけでなく、自分自身の安全のために存在するものです。

初心者であればあるほど、まずはルールやマナーをしっかりと身につけるべきだと思います。

Contact

お問合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

092-409-9367

受付 9:30~18:00 (月〜金)
定休日 土日祝

フォームでのお問い合わせはこちら

Contact Us

Top