Skypeでの相談・打ち合わせを行っています。

2018.10.14 活動報告

事務所を開設する前から、スポーツ問題(スポーツ中の事故・パワハラ・セクハラなど)に関するメール相談を受け付けていました。

幸いなことに、私のことを見つけていただいた多くの相談者の方々から、いろいろな相談をお寄せいただくことができました。

そのような中で、私がどうしても改善しなければならない点がありました。

それは、「身近にスポーツ問題を取り扱う弁護士がいないからこそ私に相談しているのに、遠方であることを理由に依頼できないこと」でした。

弁護士は、相談者のお話を十分にお聞きした上で、最善の解決策を見出し、それを実行することで、問題を解決していきます。

そのために私が最も重要視しているのは、相談者とのコミュニケーションです。

しかし、相談者から具体的な事情を詳しくお聞きするには、電話やメールだけではどうしても限界があります。

顔を合わせて話をする「面談」のほうが圧倒的に効果的なのです。

かといって、相談者が遠方からわざわざ私の事務所まで出向くことは時間や費用の面で困難ですし、私自身がお伺いすることもできないのが実情です。

スポーツ問題に関しては、相手が監督・コーチといった指導者や学校の教員などのケースが多いため、どうしても二の足を踏んでしまいます。

そうした中、どうにかして被害を回復したいと願う相談者が、身近にスポーツ問題に取り組む弁護士が見つからず、ようやく私のことを見つけていただいたというのに「遠方だから」という理由で依頼できないというのでは、相談のみという中途半端な状態になってしまいます。

「この状況をどうにかしたい」という気持ちが日に日に強まっていました。

そこで、平成30年9月に「岩熊法律事務所」を開設してからは、Skypeを使っての相談や打ち合わせをするようにしました。

Skype(スカイプ)とは、簡単にいうと、ネット回線を使ったテレビ電話です。

Skypeを使うことで、「面談」による相談や打ち合わせが可能になるということを意味します。

既に数名の方とSkypeを使って相談や打ち合わせをしており、実際にご依頼いただけるケースも増えてきました。

スポーツ問題に関する被害回復を図りたいという相談者の需要と、スポーツ選手を救うための活動をしている私の供給とが合致してきたという印象を持っています。

まだまだ改善すべき点はあるかもしれませんが、動かなければ先には進みません。

「スポーツを心から楽しみたい」と願う選手を1人でも多く救うために、今できることに全力で取り組みたいと思います。

お気軽にお問い合わせいただければと思います。

Contact

お問合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

092-409-9367

受付 9:30~18:00 (月〜金)
定休日 土日祝

フォームでのお問い合わせはこちら

Contact Us

Top